【iPhone用USBメモリ】アプリ「i -USB-Storer」詳しい使い方まとめ

お役立ち

iPhoneのデータバックアップや写真管理にUSBメモリがありますよね。最近は、手頃な価格のものが増えているので、私も買ってみました。

今回、購入したのはアプリ「i -USB-Storer」を使うタイプです。

▲USBメモリ128GB シルバー

▲思ったよりキラッと光るきれいな銀色。

▲グレー部分をスライドすると、PC用のコネクタが出てきます。

▲PC用コネクタを曲げると、Android用のコネクタが出ました。

使い方を詳しく説明するので、よかったら参考にしてください^ ^

スポンサーリンク

最初のセットアップ方法

1.App Storeで「i-USB-Storer」というアプリをダウンロード。

2.USBメモリを差し込み、アプリを起動。

▲「許可」「OK」を選択。

3.ホーム画面が表示されたら、iPhoneとの認証が完了!これで使えます。

▲もう一度表示された場合は「許可」を選択。

iPhoneの画像をUSBメモリに移す

1.アプリ内右下の「iPhone」を選ぶ。

2.iPhoneの写真やムービーが出てくるので、USBメモリに保存したいものを選ぶ。

さらに一覧右上の「編集」をタップ。

3.「エクスポートまで」の「外部ストレージを」を選択。

4.「外部ストレージを」の右下「Export this」を選択。

5.「エクスポートしています」100%になったら、完了!(画像や写真は軽いので、すぐ終わります)

USBメモリに入っているか確認しよう

1.ホーム画面に戻って右上「外付け記憶」を選ぶ。

2.入っています!

3.消したり、iPhone内で利用する場合は、右上の「編集」を選択。

4.画像などを選んだ状態で、下の「削除」などをクリックすれば、希望の作業が完了します。

▲右端の矢印マークをタップすれば、メールに添付して送信などもできますよ。

保存したいファイルが一覧で見やすいですね。ムービーは日付時間が表示されていました。(1番下のファイル)

使い方のポイント

使う時に気をつけた方がいいことをまとめました。

  • USBメモリを外す前に、アプリを必ず終了させる(故障対策におすすめ)
  • 大量のデータをいっぺんに移動させると落ちやすい
  • ムービーは「外付け記憶」に移動すると、iPhoneの中から削除される(完全な移動なので、注意!)
  • 画像はコピペになり、iPhoneの中にも残る

使った感想は動きが速くて動作性がよかったです。

最初は操作がよくわからないかもしれませんね。ぜひ、こちらのブログを参考に、操作に慣れてくださいね。

さらに細かい設定は、右上のネジ?マークからできます。

▲どれも、チェックするだけでできそうです。一番下のユーザマニュアルは全て英語でした。

これからは、子ども達の写真やムービーを保存するのに活躍するなぁと期待しています^ ^

iPhone用の反対側をパソコンに差し込めば、データを簡単にうつせるのもうれしいですね。

iPhoneケースのおすすめ

iPhoneに挿し込む時に気づいたことなんですが、

iPhoneケースの素材と厚さ、形状が重要!

旦那のiPhoneに使おうとすると、

  • iPhoneケースが硬めでしかも分厚い
  • 充電口部分が、ふたのように外れない

ことから、iPhone用 USBメモリを挿しこむ時、やりづらかったです。

一方、私のiPhoneケースは、柔らか素材で、充電口にはフタがついています。

 

▲私が買ったのはこのタイプ。

おかげで、USBメモリを挿し込む際に、iPhoneケースを外す必要がありませんでした。

数ヶ月前、安いから…という理由で何となく買ったiPhoneケースでしたが、意外と便利でよかったです。充電口のフタがあるおかげで、ゴミが入りにくいのもうれしいポイント^^

おすすめのiPhoneケースなので、よかったら、合わせて使ってみてくださいね。

コメント