Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

徹底解説!子育て支援センターを楽しむコツと気をつけること

子育て

地域の子育て支援センターに赤ちゃんやお子さんを連れて行ってみたいママ・パパ必見!

楽しむコツや持ち物、気をつけることは?子ども同士のケンカとかママ友問題とか大丈夫!?

など、気になることはたくさんありますよね。

年子、実家は車で5時間、ワンオペ育児で、子育て支援センターに2年半、ほぼ毎日(文字通り、雨の日も風の日も、台風接近中でも、地震の翌日でも、雪の日でも)行き尽くした私が徹底解説いたします。

スポンサードリンク

支援センターってどんなとこ?

・料金:無料

・時間:10時〜12時、13時〜16時(15時までや17時までの施設もある)

・場所:公民館や図書館などに併設

・駐車場:施設による

・スタッフ:保育士の先生2〜3名

・オムツ換えスペース、授乳室あり

※ママのトイレや上の子のグズリなどで手が離せない場合は、保育士の先生に声をかけましょう。お子さんと遊んだり抱っこして待っていてもらえます。

児童館≠子育て支援センター

・子育て支援センターは未就学児

・児童館は18歳未満

児童館には子育て相談のスタッフはおらず、おもちゃの種類や質も違います。

支援センターは、土足厳禁、赤ちゃんが口に入れても大丈夫なおもちゃばかり。おもちゃはスタッフが毎日水洗いと消毒します。

※施設によっておもちゃの種類や量は様々。複数、足を運んでみるのもおススメです。

 

お子さんをおもちゃで遊ばせる空間だけでなく、

・育児の悩み相談

・子育てサークルの情報紹介や活動支援

・育児イベントの紹介

・幼稚園や保育園の情報紹介

などもしています。他にもお子さんやママ向けイベントもたくさんあります。私の通っているところの例です。

  • 絵本読み聞かせ(毎週1回)
  • 手遊びの時間(毎日)
  • 季節の工作時間(毎日)
  • マタニティ、プレママの相談(不定期)
  • 公園遊びの日(毎月1回)

子育て支援センターは、日本全国ほとんどの場所が「生後1カ月過ぎて外出できそうだったら気分転換にきてね!」という体制なので、お散歩がてら行ってみましょう!※まれに、生後6カ月以降の場所もあります。

早速、子育て支援センターで楽しく過ごせるように、持ち物を確認!

支援センターで、絶対必要な持ち物は?

・換えのオムツ

・おしりふき

・汚れたオムツ持ち帰り袋

・手口拭き

・飲み物

・手洗い後の手拭きタオル

・哺乳瓶や粉ミルク※お湯はもらえる施設が多い

・授乳用ケープ

支援センターでは、衛生管理のために汚れたオムツは「原則、持ち帰り」。すぐに帰るならまだしも、長時ウ○チをカバンに入れておかねばならないので、消臭力の高い袋をオススメします。

※忘れた日はカバン全部が臭くなり、人生でかなり上位の後悔をしました苦笑

色々試した結果、普通のビニール袋よりは高級ですが、群を抜いて消臭レベルが高い!!!!これ以外はもう使えない!!!と思ったのがこちら↓

1枚でもかなりの消臭力ですが、匂いが気になるタイプ二重にするのもオススメ。二重にしたら、汚れたオムツがあったのを忘れてしまったほどの消臭力です

私は、使い捨ての消臭袋と合わせてこちら↓も使っていました。

 

子育て支援センターには、平日でも時々パパが来るので、授乳用ケープは大事です!授乳室がいっぱいの時に重宝しました。

ワイヤーが入っていて、首元に隙間があるので

・赤ちゃんの姿を確認できる

・赤ちゃんもママの顔が見えて安心

・汗っかきの赤ちゃんでも蒸れにくい

・大きいのですっぽりぶるだけで使える

・首にかける紐の長さを簡単に調節できるので、授乳時、覗かれる心配がない。

色々使った結果、この立体感がめちゃくちゃ使いやすかった上、北欧風デザインもおしゃれでよかったです。

 

外出先で大活躍!色で温度チェックができる哺乳瓶がこちら↓

支援センターに持って行った方がいいものは?

・携帯用の消毒(手ピカジェルなど)

・着替え(ウ◯チが漏れた時のため)

・おやつ

・お昼ご飯(長時間の場合)

・食事用エプロン

オムツ換えの後、手を洗ったり消毒したりしたいですよね。ですが、保育士の先生がいつでも手が空いていて、お子さんをみてくれるわけではありません。

そんなとき、携帯用の消毒はあった方が便利!お子さんのおやつや昼食前にも、携帯用の消毒は重宝します。

 

食事用エプロンは、シリコンの袖なしより長袖の着るタイプが便利!襟の隙間が少なく、袖もしっかりカバー。コンパクトにたためるのも魅力。

外出先では、食後は手口拭きで簡単に拭き取って、丸めて持って帰って洗濯していました^ ^

※施設によっては水分補給以外の飲食NGなところもありますので、事前に電話などで問い合わせましょう!

支援センターに持って行ってはダメ!

お家のおもちゃ

意外にも、自宅のおもちゃは持ち込み禁止の施設がほとんどです。理由は、「他のお子さんとケンカになるから」。

私自身も経験しましたし、支援センターで何度も見かけたあるあるです苦笑

他のお子さんが、我が子の持ってきたおもちゃで遊んでいると、我が子が「自分のだから返して!」(使っていなかったくせに苦笑)と言い出し、ケンカになります。(2人とも号泣オチ)

小さい赤ちゃんなら大丈夫ですが、1歳近くなると「自分のもの」意識が出てくるので要注意です。

 

ママ友関連、子ども同士のケンカ対策など楽しむコツや気をつけることは2ページ目へ!

コメント