Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ザファーム茨木のいちご園で苺摘みを楽しむ!ファーマーズキッチンの苺メニューも美味しい!

グルメ

大阪府茨木市にある「ザ・ファーム」のいちご園で食べられる苺が絶品!

2019.2月からはWebでの予約も開始!ぜひぜひWebでの事前予約をおすすめします^^

いちご園の様子やWeb予約の方法、現地での申し込み方法、苺摘みの流れ、ファーマーズキッチンの美味しい苺メニューなどを、実際に行ってみてまとめました。

スポンサードリンク


苺摘みの当日申し込み方法は?|ザ・ファーム茨木いちご園

Web予約できずに当日になっても、先着順で申し込みOKなので安心ですね。※待ち時間は長くなる可能性があります。

  • 申し込み方法:当日、先着順で予約受付(30分刻み)
  • 時間:10時〜15時(苺がなくなり次第終了)
  • 料金:入場料200円(小学生以上)+摘んだ苺代(3円/1g)
  • 1グループ2パックまで詰め放題(1パックから販売)
  • いちご園での店頭販売:いちごタピオカドリンク360円
  • 期間:5月までを予定
  • いちご摘み時間:無制限(※食べ放題ではない。摘んだ分を購入)
  • ハウスなので雨の日でもOK!

まず、入り口で入場受付。名前と人数を伝えます。 土日は苺摘み希望者が多く、入場者制限があるため、受付用紙に名前と人数を記入して待つ方式です。(レストランの待ち方と同じ

私たちは土曜日の10時過ぎに到着。いちご園の前にはすでに人だかりができていて、1時間待ちとなり、11時〜の回を待つことになりました。待っている間、子どもたちはザ・ファーム内のキッズスペースやフクロウがいる植物園内を見て過ごし、待たされている感は全くありませんでした

順番が来るといちご園入り口前で「◯◯様〜」と声をかけられるので、それまでには戻りましょう。「2組ずつの入場となります」と言われ、他の家族と一緒にいちご園に入場。

入った瞬間、苺の甘い香りがふわぁ〜と全身を包み込みました。目の前には苺畑。1歳の娘は入るなり、ウキウキして食べる仕草をしていました笑

お支払いは退出時です。受付では、人数と名前を確認。スタッフの方が「◯◯様、◯名ですね。」とノートにメモをとっています。帰る前に、摘んだ苺の代金と入場料を合算するためにメモっているようです。

苺摘みWebの予約方法は?|ザ・ファーム茨木いちご園

2月からWebで予約が可能に!当日現地に行くより、事前に予約しておけば安心ですよね。予約手順をご説明します^^

  1. ザ・ファーム茨木いちご園の公式インスタへアクセス
  2. 苺の生育状況をチェック!←大事!希望日時に苺摘みができるか確認できます。
  3. ザ・ファーム茨木いちご園の公式予約サイトへアクセス
  4. 「ご予約」をクリック
  5. 何パック詰めるか決める。※苺摘みは、パックに詰め放題ですが、最大2パック分(400g/1パック)までしか詰められません。(苺の育成状況とより多くの人に苺摘みを楽しんでもらいたいため)
  6. 「予約日時の選択」でカレンダーで苺摘みの希望日時を選び「次へ」をクリック
  7. 「いちごパック数」を選択し「次へ」をクリック
  8. 「名前」等を入力し「次へ」をクリックし、申込み完了させる

以上が流れになります。「小学生以上のご来店人数」にチェックを入れ人数を増やすと、プラス¥216/1人かかりますが、苺の試食も追加↓で用意してもらえます。

当日は人数でトラブルにならないように必ず小学生以上の人数も入力しましょう。

ザ・ファームのいちご園はどこ?

いちご園は第2駐車場の横を抜けた先に新しくオープンしました。

可愛い矢印にそって進みます。

第2駐車場から徒歩2〜3分程の坂道の先にいちご園があります。

坂道の傾斜が大きめなので、空いていれば必ず、第2駐車場にとめましょう。 いちご園は、苺らしいピンクや苺の看板がところどころにあしらわれたフォトジェニックな空間。

苺摘みの流れは?|ザ・ファーム茨木いちご園

いちご園内に入ると、試食の苺3種を食べられます。

写真右から順番に

・おいCベリー:甘みがひときわ強く、希少価値が高いため、摘み取りはできず店頭での販売のみ。

・あきひめ:かなり甘く果肉がしっかりして果汁が少なめで、食べごたえ抜群。

・紅ほっぺ:トロッとした柔らかな食感と甘みが特徴。

どれも、ツヤと深い赤色がなんとも美しい…

全部、食べたことないほど、あまーーーーーーい!!!!!

酸味が全くなく、苺ってこんなに甘いフルーツだっけ!?と

過去に食べていた苺は偽物だったのか!?と

驚くほど、試食の段階で美味しいです。

苺摘みの手順をスタッフの方が丁寧に説明してくれて、苺を入れるパックを受け取り苺摘みスタート! 1パック目安は400g入るそうですが、苺摘み後の人を見ると、2パックだったり、蓋が閉まらない状態に苺を山積みにしたり。

でも、量り売りなので何も問題ないようです。そこはお財布と相談ですね。 好きな苺を、手でそっと支えてもいでいきます。苺ひとつひとつが大きい!!!ツヤと輝きと大きさ、全部1級品!?見たことないほどすごい苺たちです。

ひとしきりパックに入れたら、受付で精算。合わせていちごタピオカドリンクも購入しました。あふれる程入れたのでいいお値段になりました苦笑。

購入後の苺やいちごタピオカドリンクは、いちご園内のテラス席でゆっくり味わうことができます。 いちごタピオカドリンクは、チョコクランキーや砕いたナッツ、他のベリーも入っていて見た目も味も最高!苺×チョコは間違いないですよね!

苺そのものも、驚くほど甘く、柔らかい口どけで、来た甲斐があったと思えました。

参考までに↓はスーパーで398円だった苺との比較です。右が398円の苺。左がザファームの苺です。大きさの差が明らか!本当は色やツヤも違うんですがうまく撮れませんでした涙

いちご園はいつが空いてる?|ザ・ファーム茨木いちご園

平日と土日で比べると、おすすめは、もちろん平日。平日は、偶然かもしれませんが、おばあちゃんが2人しかいませんでした。 それでも、お仕事の予定などで平日が無理!という方には…(※2月は平日の苺摘みがお休みだそうです。苺摘みの日程は公式インスタで要チェックです)土日のお昼ご飯時がチャンス! その時間の受付ボードを見ると…

朝イチはあんなに殺到していたのに…きっと、午後からまた順番になるんだろうな。 待ち時間が気になる方は、ぜひ、お昼ご飯を少しずらして行ってみましょう。

苺摘みの服装や準備は?|ザ・ファーム茨木いちご園

・スニーカーで行こう:ビニールシートが敷いてあるものの、足元は土でボコっとしているので、スニーカーがおすすめです。

・ハウス内が意外と暑い!:寒暖の調節ができる服装で行きましょう。

・できる限り手ぶらで:上着かけ↓はありますが、荷物置き場はありません。貴重品意外は、車内に置いておくか、リュックなど両手が空くカバンをおすすめします。

・お支払いは現金のみ:小銭もなるべく用意しましょう。

・ベビーカーより抱っこ帯:苺たちの並ぶ通路の幅は、ベビーカーだとギリギリ。地面もボコボコしているので、抱っこ帯の方が安心です。

・手口拭きが大事!:その場で苺をほおばりたい方にはぜひ!ひと粒が大きく、ジューシーなので、手口がベタつきます。(大人でも)

・ある程度お腹いっぱいの方が安心!?:苺のいい香りと美味しそうな姿に見とれて、ついモリモリに入れてしまいます。空腹だと、お会計の時びっくりするかも…?苦笑

ファーマーズキッチンのいちごメニューも魅力的

いちご園の朝採れ苺を使った、いちごメニューがずらり。テイクアウトできるのもあります。 ※テイクアウトも現金のみです 私がテイクアウトしたのがこちら↓ 上にスライスした苺と生クリームがのっていて美味しそう!苺ソース×チョコソースが下にしずんでいるので、しっかりと混ぜて楽しみましょう。

店内でイートインした苺パフェ↓テイクアウトもできます。

サイズ感がすごくて、何と!カップ口の直径8センチ×高さ18センチ!

甘さ控えめでとっても食べやすいです。中に甘酸っぱい苺ソースと木苺ソースがたっぷり入っているので、下の方から混ぜるとちょうどいい甘さで楽しめます。

ぜひ、ザファームで苺を堪能してみてくださいね!

コメント