Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ユニクロのベビー・キッズ肌着下着の口コミは?サイズ感や質・肌荒れ・洗濯耐久性を3年間使ってまとめ

クルーネックボディ(コットン)の肌触りとサイズ感|ユニクロのベビー・キッズ肌着

コットン100%なので、肌触りは柔らかく、肌荒れしやすいお子さんや、赤ちゃんにおすすめです。ユニクロの下着の中で一番肌触りが優しいです。

ただ、生地はあまり伸びません。エアリズムに比べるとお着替え時は若干手こずります。

下着というより、赤ちゃん用肌着で、半袖・長袖もあります。

”ヒートテックを着るほどでもないけれど少し肌寒い”季節には、クルーネックボディを重宝します。

サイズは長く使うことを考えて、ワンサイズ大きめでもOKです。2サイズ大きくすると、ブカブカして、お腹周りがもたつく印象がありました。

クルーネックボディ(コットン)の肌荒れ|ユニクロのベビー・キッズ肌着

さすが、コットン100%なだけあって、肌荒れしにくいです。

ちなみに、我が家の1歳半(記事執筆時)の娘は肌が弱く、おむつはコットン配合のちょっと高級おむつでも汗湿疹がひどいです。う◯ちがおむつの中で肌に触れるだけで真っ赤になって「痛い〜」と泣き叫ぶほど。※娘のファーストワードがママ・パパ・痛いだった苦笑

という娘でも、コットン素材の下着は肌荒れしませんでした^^

が!灼熱地獄の真夏になると、コットン素材でも汗湿疹が背中に…涙

という訳で、暑すぎる時期には涼しさ重視!コットンメッシュが大活躍でした。

サイズは長く使うことを考えて、ワンサイズ大きめでもOKです。2サイズ大きくすると、ブカブカして、肩まわりがおちてきました。

コットン・メッシュの肌触りとサイズ感|ユニクロのベビー・キッズ肌着

メッシュの分、コットンよりわずかに固めですが、気になるレベルではありません。柔らかい肌触りなので、エアリズムの化学繊維で肌荒れが気になるお子さんには、一番おすすめの生地です。

こちらも、生地の伸びはほとんどなし。

生地の伸び具合はエアリズム>コットン>コットンメッシュの順です。

お着替え時は少々手がひっかかることもあるため、ワンサイズ大きめを着せるのをおすすめします。

コットン・メッシュの肌荒れ|ユニクロのベビー・キッズ肌着

コットンメッシュも肌荒れなしでした!コットンの方が若干肌触りはいいのですが、日中の外気温が38度前後にまで上昇する、真夏の大阪では、コットンだと暑すぎる!

かと言って、下着なしだと、汗でトップスがベッタリ…涙

コットンメッシュはさすが、コットン素材の下着と同様、コットン100%だけあって、肌荒れしません。メッシュ素材なので通気性がよいのも重要なようです。

前述した、エアリズムメッシュでも意外にも大丈夫だった娘の汗湿疹は、

多い順で

コットン=エアリズム>コットンメッシュ=エアリズムメッシュという結果に。

あれ?意外と涼しさが重要なのかもしれない…?

肌が弱い娘の夏の肌着は、コットンメッシュ素材とエアリズムメッシュ素材でした。

ただ、化学繊維を着せるだけで背中が赤くなる赤ちゃんのママによれば、いくら涼しくてもエアリズムは着せられなかったとのこと。

背中とお腹の肌が弱く、化学繊維がNGなお子さんには、真夏はコットンメッシュをおすすめします。成長とともに肌質も変化するみたいなので、汗もの様子をみながら、下着を変えていくのもひとつの手ですね。

ヒートテックの肌触り・サイズ感・肌荒れ|ユニクロのベビー・キッズ肌着

ヒートテックは、大人用と同じようなテロっとした化学繊維です。生地の伸びはよいですが、ピタッとフィットする素材のため、ムチムチな小さい子には若干着せにくかったです苦笑

着せる際は、ピッタリよりワンサイズ大きめをおすすめします。逆に、2サイズ大きくすると、胸元がだらしなく、腰回りも長すぎてもたついていました。

肌荒れについては、化学繊維が気になる方は、

・コットン100%の下着+コットン100%の長袖

・肌着の上にヒートテックを重ね、触れる面を減らす

など、ヒートテックは肌に触れない方がよいかもしれません。

汗をかきやすく、暑がりの子どもたちには、”ヒートテックは基本的に真冬のみ”の家庭が多いのではないでしょうか。

ヒートテックを着ても第上な小さいお子さんに

おすすめな冬の部屋着は

・肌着+ヒートテック+暖かいトップス(大阪→最低気温が2〜3℃ある)

・ヒートテック+薄手の長袖Tシャツ+暖かいトップス(金沢→最低気温が0℃)

です。実家が雪国、金沢なので比較してみました^^

ユニクロのベビー・キッズ肌着の洗濯耐久性は?

ユニクロのべビー・キッズ肌着の洗濯耐久性について、

・3〜4枚購入で、週に1〜2回使用

・ネットに入れ、洗濯機で普通モード洗濯

・食べこぼし、う◯ちの場合は手洗いしてから、洗濯機に直入れ(ネット不使用)

で使った結果、1年〜約1年半経過後(寿命と判断された時期)の生地感をまとめました。

1.エアリズム:生地が薄くなり、ところどころ破れてきた。生地の伸びは少ない。

2.エアリズム・メッシュ:生地が薄くなり、ペラペラ。腰までだった生地が、膝下まで伸びた。

3.コットン:ゴワゴワしてきて肌触りが悪くなった。びよーんと伸びて、襟元が特にだらしなく見える。

4.コットンのメッシュ:ゴワゴワがすごすぎて、触るとちょっと痛いくらい。色がくすんできた。

5.ヒートテック:生地が薄くなり、ぺらぺらしてきた。袖口などがびろーんとしている。

(50音順)

でした。「大きめを買って、長く使えたらな^^」「下の子が生まれたら着せられるかしら?」と思っても、結局、週に1〜2回着用でも、1年〜2年弱(1.5シーズン弱)で「これは、着せるの可哀想…」「これで、幼稚園・保育園は恥ずかしい…」と思うレベルに。夏の途中で買い替えになりました。秋になっても、”長袖の下着にエアリズム”などの使い方はできるので、無駄になった感はありません。

個人的には、西松屋や赤ちゃん本舗より、長持ちしている印象です。ユニクロと比べると、西松屋の素材は伸びやすく、赤ちゃん本舗の素材は毛玉になりやすかったです。※個人の感想なので、参考程度になさってください。

0〜1歳の場合、吐き戻しや食べこぼしが多くて、途中で匂いが取れなくなり、1シーズン途中でさよならしたものが多かったです。

ただ、ヒートテックに関しては、子どもが暑がりのため、着せる頻度が少なめ(真冬のみ)だったからか1.5シーズン弱ではなく、2シーズンいけました。

ユニクロのベビー・キッズ肌着下着 まとめ

・肌触りはどれもよい

・年齢・生地によって肌荒れしやすさは色々なので様子見ながら着せる

・週に1〜2回着用、ネットに入れて洗濯でも、2シーズン使うのは難しめ

・小さい子は暑がり汗っかきなので、シーズン途中で買い足しても1年中使える

・ヒートテックは着用回数が少なめだからか、長持ち

ここのベビー肌着がよかったよ!など、情報ありましたら、コメントいただけますとうれしいです^^

おすすめ記事



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする