万博公園水遊び(プールやスライダー)行ってきた口コミ!料金やアクセス・おすすめ駐車場、着替え更衣室などまとめ

旅行&お出かけ

2019年夏、万博公園で水遊びを楽しめます。小さいお子さんから大人まで楽しめるアクティビティがいっぱい!

プールやスライダー、おすすめ駐車場や実際にかかる料金に更衣室や屋台など、どんな様子か気になる方は必見!

遊びに行ってきたので詳しくレポします。

※70mスライダーや更衣室などの会場内の様子、おすすめ駐車場は2ページ目へ!

スポンサーリンク

万博公園水遊びの詳細

  • 営業時間:10時〜19時(土日祝とお盆は20時まで)
  • 日程:7/20(土)〜8/25(日)

※腕のタグを見せれば再入場◎(当日限り)

※万博公園はチケットを見せれば再入場◎(当日限り)

万博公園水遊びの料金

水遊びを楽しむためにかかる料金をまとめました。

万博公園入場料:250円/大人1

水遊び入場料

  • 800円/大人1
  • 500円/4歳〜小学生
  • 無料/3歳以下
  • 70mスライダー乗り放題:500
  • 水鉄砲バトル:200円/1人(子どものみ)

入り口横の券売機でチケットを購入。チケットを渡し、青いタグを腕につけます。

大人1人の料金例

万博公園の入場料(250円)+

水遊び広場への入場料(800円)+

70mスライダー乗り放題(500円)

=合計(1550円)

70mスライダーは7/23〜です。

大人も楽しいフリーフォール風な滑り台!万博公園水遊び

彩都西公園のフリーフォールのような滑り台が2つあります。

途中ではずむタイプ↓

まっすぐタイプ↓

はずむタイプの方が怖かったです。

水に濡れてつるっつるの素材に、急な角度、落下速度が速く、着水時の水しぶきもすごいので、大人も「きゃーーー!」とスリルを味わえるすごさ。

運動神経のにぶい私は、バシャーン!と尻もち。全身ずぶぬれ。コンタクトレンズが片目とれました涙

小さいお子さんは抱っこで一緒に滑れますよ^ ^

スポンサーリンク

小さい子向けのプールが楽しい!万博公園水遊び

水深は大人の足首程度の小さい子向けプール↓が2つあります。

浅いけど広いので小さいお子さんにはぴったり^ ^

乗って遊べるヤシの木が2つずつありました。取り合いになるので、うきわ持参をおすすめします。

小学生くらいまで楽しめるふわふわ。↓

出口が滑り台です。

これもつるっつるで、意外と速い!小さいお子さん抱っこでも滑れます。

※70mスライダーや更衣室などの会場内の様子、おすすめ駐車場は2ページ目へ!

コメント